幸せ感じる☆日々の暮らし

日々の暮らしを綴っています。今日も明日も良い一日になりますように。

【303】サーモンとじゃがいものガレット

サーモンとじゃがいものガレット 

f:id:manana55:20210524194602p:plain

美味しいじゃがいものガレットです。

☆☆☆☆☆

先日ご紹介した、中川たまさんのレシピです。

 

 

manana55.hatenablog.com

 

サーモンの切り身ではなく、スモークサーモンを使いました。

 

NHKの「チコちゃんに叱られる!」では「生で食べる事ができるものがサーモン、生で食べる事が出来ない物が鮭」と紹介されていました。

 

「サーモン」と「鮭」は同じ種類の魚です。

 

生は養殖で「サーモン」、天然の物は「鮭」。

 

天然の鮭は餌としているオキアミを食べることによりアニサキスという寄生虫が寄生している可能性があるそうです。

腹痛などを興す可能性があり、火を通す必要があるそうです。

 

一方の養殖の「サーモン」は餌に寄生虫が寄生する事がないため、生で食べる事が出来るそうです。

 

日本独自の分け方だそうです。

 

回転寿司で人気の「サーモン」。

現在は日本各地で養殖されていあすが、実はノルウェーの方が広めたそうです。

 

☆☆☆☆☆

サーモンとじゃがいものガレット 今回作った量

【材料】

・じゃがいも 2個

・スモークサーモン 8切れ

・薄力粉 大さじ1 1/2

・白ワイン 大さじ1

・塩コショウ 適量

・オリーブオイル 適量

f:id:manana55:20210524200015p:plain

先日のスモークサーモン、たっぷり入っていてリピートをしたかったのですが・・・。

売り切れだったのでこちらを購入。

 

f:id:manana55:20210524200547p:plain

中くらいの大きさです。2個使いました。

 

☆☆☆☆☆

【1】じゃがいもは皮をむき、細切りにし、薄力粉をまぶしてよく混ぜる。

 

f:id:manana55:20210524200723p:plain

もっと細く切ったほうが良いです。

実家も細切りだったものなぁ・・・。

 

f:id:manana55:20210524201427p:plain

良く混ぜます。


 

【2】サーモンに塩、コショウをし、白ワインを回しかける。

 

f:id:manana55:20210524202509p:plain

サーモンは生でもいただけるので確り焼かなくても良いかも。

塩・コショウ、白ワインを使わず、ガレットの上にトッピングしても良いと思います。

フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、じゃがいもを半分入れる。

その上にサーモンを乗せ、残りの半分のじゃがいもを乗せる。

 

f:id:manana55:20210524201732p:plain

小さめのフライパンです。

f:id:manana55:20210524201846p:plain

サーモンたっぷりにしました。

 

f:id:manana55:20210524202725p:plain

間に挟むのはチーズやハムなども美味しそうです。

 

f:id:manana55:20210524202907p:plain

サーモンに火が入ってきました。


綺麗に裏返す自身がなかったのでアルミホイルを使用する事にしました。

f:id:manana55:20210524203049p:plain

アルミホイルとお皿も使い、綺麗に裏返す事が出来ました。

 

f:id:manana55:20210524203225p:plain

ちょっと早かったのでもう一度返しました。

【3】サーモンに火が通り、じゃがいもがカリッとするまで両面を焼く。

 

f:id:manana55:20210524203747p:plain

外はカリカリ、中はほくほくのじゃがいもでした。

☆☆☆☆☆

食べたかったので大満足です。

 

具はサーモンだけでなく、チーズやハムなど色々アレンジをする事が出来そうです。

 

☆☆☆☆☆

皆さまの明日も良い一日になりますように!!